POLAND



ポーランド地区

 

 

 

 1987年、ストラポチナに修道院の新築、祝別される。その後、ニエポカラヌフ・ジェロナグーラ・コシナ・プシェミシルに支部修道院が増え、 社会福祉事業・教会奉仕・黙想の家・ラジオ放送局での奉仕を通して​すべての人が聖母マリアを愛し、イエス・キリストのみ心に導かれるように M.I.の活動を拡げている。

 


 
2018.11.11.はポーランドの独立100周年記念日

お誕生日によく歌われる歌で

ポーランドのシスターたちは奉献生活をお恵みで続けられるようにと歌詞を変えて歌っているそうです。

 


 ポーランドの志願者二人が修練期に入りました。


 


 ポーランドの終生誓願式。



 

 

社会福祉事業

活動報告写真

診療所(ストラホチナ)

老人ホーム(コシナ) 現在、約20名のお年寄りの方が滞在

 

 

教会奉仕

活動報告写真

聖カタリナと聖アンドレア・ボボラ教会(ストラホチナ)

聖アンドレア・ボボラはカトリックアクションの保護の聖人。国内外の巡礼者が多く、その対応と様々な行事に大変忙しい。

 

ジェロナグーラ カテドラル(聖ヤドゥヴィガ教会)

一日7回のミサが捧げられている。

 

黙想の家

活動報告写真

黙想の家(ストラホチナ)

地域の教会の信者さん、巡礼者の黙想会を行う。

 

ラジオ放送局

 

ラジオファラ(プシェミシル)

プシェミシル教区のラジオファラ放送に協力している。

 

出版事業

小さな聖母の騎士誌(ニエポカラヌフ)

子供たちのための「聖母の騎士」紙を発刊、コンベンツアル聖フランシスコ会と協力して子どもたちのM.I.の集まり、黙想会、教会学校で子供たちの信仰教育に携わっている。